2020.05.23

デザインハウス甲府 新人 〇屋 配筋検査に立ち合う

今日も暑いですね~

皆さんはどうお過ごしでしょうか

こういう暑い日はガリガリ君とかアイスが食べたくなりますよね。


デザインハウス甲府では第三者機関による

基礎配筋検査  躯体検査  断熱検査  外装下地検査  完了検査

5回に及ぶ検査を行っております。

その中の配筋検査に行ってきました。

検査では鉄筋が適切な物を使って適切な間隔で施工されているか。

人通口周りの補強筋がしっかり施工されているか。

配筋が図面通りに組まれているか等々を検査します。

これが全体の写真です。

イメージ

とっても綺麗に鉄筋が組まれていますね。

イメージ

見ずらいのですが〇で囲んだところに四角いコンクリートがあります。

これはスペンサーブロックというものです。

スペンサーブロックはかぶり厚というものを確保するのにとても重要な物です。

かぶり厚とは、鉄筋を覆うコンクリートの厚さのことであり、

これがしっかりと確保できていないと、

設計通りの強度が得られないのでとても重要です。

以上、今日は基礎配筋検査のことについてでした。

ちなみに配筋検査はしっかり合格しました。

良かった良かった(*´Д`)

配筋のことだけでも色々あって、

家一軒建てるだけでも知っておくべきことが沢山あるな~~~~

ではまた来週