2020.08.28

デザインハウス甲府 新人 〇屋 バルコニー防水

こんにちは( `ー´)ノ

先日防水について、一通り話をさせていただいたんですが、バルコニー防水を忘れていました。

バルコニー防水はFRP防水というのもを、使い行っております。

FRP防水とは、ポリエステル樹脂を塗装し硬化させ、ガラス繊維で補強強化し防水層を形成したものです。

FRP防水を行う前に、下地の勾配は正しくとられているか、確認を行います。

床面 立ち上がり面の段差や隙間に、ごみなどがない事を確認します。

排水ドレンの取付を行います。その際外側に水が流れるように勾配をつけて取付けます。

必要によりオーバーフロー管の取付も行います。オーバーフロー管は、排水ドレンより高くベランダサッシよりも低い位置に取付けます。

こんな感じです。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

イメージ

その後、付着性を良くするためのプライマーを全面に塗布します。

一層目の下地材として使用し、防水層をはがれにくくする役割があります。

プライマー塗布完了後、ガラスマットを張り込みます。

ガラスマットの上から樹脂材を塗布し、ローラーで浸透させます。

一層目の樹脂材の表面硬化が確認できたら、二層目の防水層の作成を行います。

二層目のガラスマット施工が完了すれば、防水層の点検を行い、完了すればトップコートの塗布を行います。

これで完成です。こんな感じです。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

イメージ

最近は、豪雨だったり台風だったりの自然災害が多く、バルコニーのサッシの下から雨水は入ってきたなんてことも聞くので、しっかりと備えておきたいですね

外側から見たらこんな感じです。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

イメージ

それでは、また次回( `ー´)ノ

イメージ