お知らせ

欠陥住宅予備軍住宅、建築基準法違反住宅撲滅セミナーを開催します

欠陥予備群住宅、建築基準法違反住宅防止セミナー
   〜建築するあなたが検査員〜
日時 令和2年7月5日 日曜日 一部13:00〜14:30 二部 15:00〜16:30
場所 ジットセレモニー甲府ホール(甲府市高畑2-19-2)
対象 これから家を建てようと考えている方(同業者はご遠慮ください)
費用 無料
定員 20名(就学未満のお子様不可)

4月1日に改正民法により住宅建築業界は益々不利?(きちんとしていれば不利ではない)
というか規制が厳しくなっています。
特に4月1日以降に契約建築もしくは引き渡された住宅においては、引き渡された後に欠陥、建築基準法違反、契約違反があった場合は、その住宅の完全履行(契約書上)を建築先に対して損害賠償が認められ100%の確率で施主が勝訴することになります。
簡単に言えば。4月1日以降に契約建築された住宅が15年の歳月が経過した後に断熱欠損などの欠陥、建築基準法違反が明白になった時点で契約時の契約が履行されていないという判断になり無償で改修工事を建築主に対して請求できるのです。
そうは言っても不安を抱えながら住み続けることなだ出来ませんし、欠陥や建築基準法違反だなんて疑う余地もないのが現状だと思います。

最近、当社では各地の分譲地での建築が多くて他社の建築現場を覗く機会が多く。注意して覗いていると…こんなんでよいのか?と思える工事が多くて頭を悩ませています。

このセミナーでは施主様に検査員になっていただき、欠陥予備住宅、建築基準法違反の住宅を未然に防ごう。また、被害者にならないためにもポイントを学び建築中の方であればその工事を中止させ建築基準法を遵守させて工事再開をする。そこまでの20ポイントのセミナー成ります。
ハウスメーカーだから…有名な会社だから…大丈夫?
事実、その現場で欠陥予備住宅、建築基準法違反工事があちらこちらで見受けれます。非常に残念なことが起こっています。

高いお金を延々ト支払うのは貴方なんですよ。不安を抱えなが住宅ローンを支払い続けるのですか?被害は未然に防げます。
是非、ご参加いただけますよう申込をお待ちしています。
セミナー参加申込は 
E-mailで info@compact-style.co.jp セミナー申込と連絡先とフルネームでセミナー参加と
入力してください。メールを確認後にご案内を送付いたします。



< < 戻る